キャッシング即日振込

借金返済を延滞したらどうなる?


キャッシングを行った時に返済期限に遅れるともちろんペナルティーがあります。

業者によって返済ルールは違うものの、ルールに従った期日までに返済出来ない場合は、延滞の罰則として延滞遅延料金を請求される事になります。

上限としては金利20.0%という決まりがあり、それに従って請求されてしまうので、延滞せず確実に返済するようにしましょう。

 

ブラックリストに載ってしまう

この罰金だけが問題ではなく、信用情報に傷がつくリスクもありため注意が必要です。延滞遅延等を繰り返してしまうと個人信用情報機関に記録される事になります。

金融事故情報として記録され、これはブラックリストと表現されるものです。

この状態になるとどこの業者のキャッシング審査も通らなくなったり、住宅ローンのような大きなローンを組みたい時に不利に働く事になります。
 

ブラックは遅延金よりマズイ

金融業者側もこういった返済遅れをする顧客はリスクが高いと見なし、カードローン審査時の与信業務を行う時に活用する情報になります。

返済期限に遅れた時に単純に罰金を払うという問題ではなく、こういった信用を失うリスクがある事を理解し、借りたお金を余裕を持って返済出来るような計画を練った上で活用すると安全です。