キャッシング即日振込

カードローンとキャッシングの違いに注意!


キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローン、一見同じように見えるローンですが、実際には大きな違いが存在しています。

カードローンは借りたお金を毎月決められた額だけ返済すれば良いローンで、使い勝手が良く返済計画も立てやすいことが特徴です。

キャッシングはカードローン同様お金を借りることができるのですが、返済は翌月一括が基本となっているため5万円借りたら翌月5万円全額を返済しなければいけません。

要するにカードローンは分割、キャッシングは一括という返済方式が採用されているわけです。

借りたあとからリボ払い

しかし最近ではキャッシングの返済方式に変化があり、借りたお金を後からリボ払いで分割に出来るようになってきています。

リボは毎月決まった額だけ支払うシステムですから、このリボ払いの導入によりカードローンとキャッシングの違いが無くなりつつあるようです。

返済金額

ただしカードローンは金額によりスライドして返済金額が変わるのに対し、キャッシングのリボ払いはスライドしない場合が多いため、返済金額が変わらないという違いがあります。

キャッシングのリボ払いのほうが、少額をリボに変えた場合でも返済金額が大きいため、利便性の面で考えればカードローンのほうが返済しやすいと言えるのではないでしょうか。