キャッシング即日振込

カードローン審査に収入証明書は必要?


銀行以外の金融の場合

キャッシング・カードローン審査の際、収入証明書の提出が必要であるかどうかについてですが、これは申込先の金融機関やご希望の限度額によって異なります。

まず消費者金融系や銀行以外のカードローンなど、総量規制の対象となる金融機関に申込を行う際、

①1社に於ける借入希望限度額が50万円を超える場合と、②他社を含めた借入総額が100万円を超える場合に提出が必要となります。

この点については、総量規制の導入された2010年6月前後で規制内容が大きく変わっていますので、注意が必要です。

総量規制対象外となる銀行の場合

また、総量規制対象外となる銀行が直接運営するカードローンに申し込む際は、銀行によって異なりますが、前述の総量規制対象となる業者に申し込む場合よりも高額の借入額となる場合に収入証明書の提出を求められます。

例えば三菱東京UFJ銀行が運営するバンクイックであれば100万円、楽天銀行が運営するスーパーローンであれば200万円と、銀行により基準の額は様々です。

ご自身の借入希望額が収入証明書の必要となる金額であるかどうかを事前に調べ、申込を行うと良いでしょう。

その他の必要な場合

その他に収入証明書が必要となる場合としては、例えば専業主婦の方が配偶者貸付という配偶者の方の年収を対象とした借入を行う場合、その配偶者の方の収入証明が審査の際に必要となります。

また、事情から電話連絡での在籍確認を回避したい方がその旨を金融機関に申し出て、在籍確認をしない代わりに収入証明書を求められるケースなどがあります。