キャッシング即日振込

自営業者は専用カードローンを利用すべし!


自営業専用のカードローンは融通が利く?!

女性自営業の人がカードローンを利用しようと思った場合、銀行のカードローンでは審査に通らないことがよくあると思います。これは銀行の審査では自営業できちんと安定した収入がある場合でも、会社員などの定期的に決まった収入が約束されている人よりどうしても厳しく見られてしまうからです。

ですが大手の消費者金融の自営業向けのカードローンの場合、銀行で審査に通らなかった人でも比較的通りやすくなっています。自営業の人にはこちらをおすすめします。

確定申告書の提出や事業内容、収支内容の提出といった条件を満たすことで銀行のカードローンと同様に総量規制の対象外にもなりますので、高額の融資を受けることもできます。

融資額の上限も銀行と同様に500万までという業者が多いので、その面でも銀行に引けをとりません。

また提携先の銀行がある業者では、契約した後は365日、24時間いつでもその口座まで振り込みを行ってくれます。

例えば月曜の朝一番に引き落としがあるような場合でも、日曜の夜中のうちにその金額を借り入れることが可能なので、いざとなった時にも大変役に立ちます。

自営業の場合、運転資金の確保は一番の命綱です。今すぐお金が必要でない場合も、万が一の為の「備え」としてこのカードローンの契約をしておいても損はないと思います。”

カードローンに通る最低条件

カードローンの審査の場合には収入証明書が必要とされますが、サラリーマンなら源泉徴収票や給与明細などでいいところ、自営業者は「納税証明書」など公的機関が発酵する所得証明書を求められます。

また、在籍確認といって、その会社に勤めているかどうかの確認の電話を会社にかけられる場合、提出書類で確認してくれる業者もありますが、自営業者は必ず会社に電話がかかってきます。業者は会社名を名乗らず個人名でかけてきますが、家族経営などで借金のことを家族に話していない場合は注意が必要です。

金融会社は総量規制といって年収の三分の一を超えて貸し付けを行ってはいけないという決まりがあります。赤字経営の自営業者は収入がないので消費者金融からお金を借りることができなくなってしまいます。

その場合は、総量規制の対象外である銀行カードローンを申し込むことができます。銀行カードローンにも審査がありますので、過去に延滞などがあれば審査に通ることが難しくなります。